2020年秋レシピ さんまのつみれ汁

2020秋 さんまのつみれ汁

さんまは手で捌くと身が骨に残らずに取る事ができます。すり鉢がない時は
包丁でよくたたいて粘りを出すか、スピードカッターを使うと一瞬で滑らかに
なります。昔はさまざまな魚がたくさん獲れましたので、すり身にすることも多く
油で揚げた天ぷら、かまぼこがよく食べられていました。家庭ではすり鉢で作りました。

材料(4人分)

さんま
3尾(正味200g)
おろししょうが 
1片
みそ  
大さじ1杯
片栗粉 
大さじ3杯
大根  
200g
にんじん
50g
長ねぎ 
1/2本
細切り昆布
ひとつまみ
水 
カップ4杯
調味料
小さじ1/2杯
大さじ2杯
しょうゆ
小さじ1杯

つくり方

1

サンマは手で頭と内臓を取ってさっと洗い、骨を外します。包丁で細かく切ってすり鉢に入れ、
よくすってから片栗粉おろししょうが、みそを入れ、粘りが出るまでさらにすり、つみれにします。

2

大根、にんじんは半月の薄切りにし、長ねぎは小口切りにします。

3

鍋に水、昆布、大根、にんじんを入れ、沸騰したらさんまのつみれを2本のスプーンで一口大に
丸めて入れます。野菜に火が通ったら調味料を加えて味を調え、長ねぎを加えます。

 

※ 出典『中央公論新社 私たちが食べ伝えたい 北海道郷土料理』

この料理にぴったりな日本酒はこちら

千歳鶴 特別純米ひやおろし

北海道産酒造好適米「吟風」を100%使用。厳冬期に仕込まれたお酒を春先に搾り、ひと夏じっくり低温熟成させた「ひやおろし」は荒々しさが減り、旨みがましてまろみを帯び、最もバランスの良いお酒となります。千歳鶴「特別純米 ひやおろし」は米も水も北海道にこだわった商品で、豊穣の秋にふさわしい、旨みたっぷりのまろやかでとろりとした円熟の味わいが魅力です。

Smart EMS Slimming Muscle Trainer