2019年秋のレシピ 鮭のちゃんちゃん焼き

鮭ちゃんちゃん焼き

とうちゃんが港でちゃっちゃと手早く作ってくれた一事の意味合いから「ちゃんちゃん焼き」と呼ばれるようになったとか。
鮭のバーベキューのようで屋外で、家ではホットプレートで人の集まりの時などよく食べられています。同じようにホッケで作る地域もあります。

農林水産省主催「農村漁村の郷土料理百選」(平成19年度)の一品です。

 

特別純米ひやおろしのお燗と合わせて、ぜひお楽しみください♫

材料(4人分)

生鮭
半身
酒、コショウ
各少々
キャベツ
600g
玉ねぎ
2個
かぼちゃ
200g
しめじ
1パック
ピーマン
2個
米油
大さじ2杯
昆布
10cm
【調味料】
みそ
100g
てんさい糖
大さじ5杯
大さじ3杯
しょうゆ
大さじ1杯
バター
大さじ2杯
粗みじん切り唐辛子
少々

つくり方

1

鮭はうろこを処理して、皮に届くように斜めに隠し包丁を入れます。
酒を振りかけて身をしめます。キャベツは一口大、玉ねぎは1㎝幅の
輪切り、かぼちゃは5㎜幅のくし形に切ります。しめじは石づきを取って
小房に分けます。調味料は合わせておきます。

2

油を熱した鉄板にキャベツ、玉ねぎを敷いて鮭をのせ、周りに他の野菜を
のせてアルミホイルをかぶせて蒸し焼きにし、火が通ったら合わせ調味料
を回しかけます。バターをところどころのせ、鮭と野菜を混ぜながらいた
だきます。

※ 出典『中央公論新社 私たちが食べ伝えたい 北海道郷土料理』

この料理にぴったりな日本酒はこちら

千歳鶴 特別純米ひやおろし

北海道産酒造好適米「吟風」を100%使用。厳冬期に仕込まれたお酒を春先に搾り、ひと夏じっくり寝かせた「ひやおろし」は荒々しさが減り、旨みがましてまろみを帯び、最もバランスの良いお酒となります。             千歳鶴「特別純米 ひやおろし」は米も水も北海道にこだわった商品で、豊穣の秋にふさわしい、旨みたっぷりのまろやかでとろりとした円熟の味わいが魅力です。