千歳鶴の歴史

北海道で初めての酒づくり

 明治5年、石川県能登から来道した創業者・柴田與次右衛門(しばた・よじうえもん)は、創成川のほとりで造り酒屋「柴田酒造店」を開店。“どぶろく”などのにごり酒が開拓使の役人に評判で、売れ行きは好調に。数年後には清酒をつくりはじめたと伝えられていることから、柴田は北海道の酒造業の幕を開けた先駆者と称されています。

 「柴田酒造店」は、その後、品質向上に努力を重ね、着実に発展。明治30年には同業者を束ね、日本清酒の前身「札幌酒造合名会社」を設立。札幌の酒づくりが、本格的な生産時代を迎えました。大正13年9月、合名会社を株式会社に組織変更し、「札幌酒造株式会社」を創立。昭和3年には業界企業合同の政府要請に応えて8企業を合同し、「日本清酒株式会社」に。統一銘柄をおなじみの「千歳鶴」としました。

 戦後は好景気に支えられ、「千歳鶴」は順調に生産を伸ばしていきました。昭和34年には当時国内最大規模の酒造工場「丹頂蔵」を竣工し、3年後には海外輸出へ。昭和42年には本州にも拠点を広げるなど、高度成長時代と共にその翼を大きく広げて翔きます。また、「全国新酒鑑評会」でも14年連続金賞の栄誉に輝くなど、「千歳鶴」は北海道ブランドの銘酒として全国にその名を広めていきました。

 北海道に生まれ、北海道が育てた、北海道の地酒「千歳鶴」。日本清酒は創業者の開拓者魂を今に受け継ぎながら、おいしさを醸し続けています。

現在、国内には大小あわせて約1,800の酒蔵があるとされています。その中で、地域の鑑評会審査を経て、全国新酒鑑評会に出品できる蔵はごくわずか。さらに金賞を手にできるのは、ほんの一握りです。酒造技術の世界では、金賞は杜氏や酒蔵にとって誇りであり、技術力の証でもあります。その金賞を14年連続受賞し、全国屈指の実績を持つ酒蔵が「千歳鶴」です。

千歳鶴のこだわり

札幌の地酒 千歳鶴の仕込み水
札幌の地酒 千歳鶴の酒米
札幌の地酒 千歳鶴の杜氏
オンラインショップ
スマートフォンサイトへ